最新位牌事情ーお部屋に馴染む佇まいと高級感

今回は今どきの位牌事情についてご紹介いたします。

現在、位牌を置く仏壇が小型化の傾向にあり、仏壇を置かずに
位牌のみを置かれるという家庭が増えています。

転居やお住まいを変えるご家庭も増え、より身近に故人を弔える
「手元供養」という形が広がっているのが理由の一つです。

その中で都心部ではお部屋の一部としてなじむデザインの位牌がたいへん人気です。
まずは「モダン位牌」「家具調位牌」と呼ばれている人気の位牌をご紹介いたします。

 

【モダン位牌】波浄美位牌 金・

ゆらりと立ち上る線香の煙をモチーフにしたモダンなデザインです。

このようなデザインの位牌は下記のような一見位牌を置くには合わないのでは?
と思われるようなシャープなインテリアにもよく溶け込めます。

 

 


【家具調位牌】
会津蒔絵位牌四季の舞

四季の花々を、会津蒔絵で丁寧に仕上げました。

高級家具に使われる素材で作られた木彫の質感は
温かみのあるインテリアによくなじみます

 

【家具調位牌】サンクリアー位牌
高級家具で使われるサンクリアー塗装を、
職人が時間をかけて丁寧に仕上げた作りとなっています。

シンプルなデザインながら、高級家具に使われる素材を使うことで
存在感のある位牌となっています。

 

 

位牌は亡き人そのもの。
より身近に故人を感じたい。

時代に沿って仏具のスタイルも大きく変化していますが、その中に変わらずあるのは
「故人を身近に感じたい」という想いです。

たとえ同じデザイン、形のものでも故人それぞれに応じた戒名が入ります。
この世に生きる一人一人違う人物であったように、位牌は言わば亡き故人そのもの。
同じ位牌は一つとしてありません。

故人の存在を忘れず、いつも身近にいる存在として位牌はあると言えるでしょう。
現在はより自然に温かさを感じるデザインとなり、遺族のそばに位牌を置けるようになりました。

形は変わっても、「故人を身近に感じたい」という想いと一緒に
故人を敬う、手を合わせる習慣を続けていけるアイテムとして位牌を見直してみてはいかがでしょう。

 

 

 

竜泉堂ではお客様の生活スタイルやご希望に寄り添う仏壇・仏具のご提案をいたします。
詳しいお問合せこちらまで。

◆位牌を購入される方へのワンポイントアドバイス

位牌の手配は四十九日までに

位牌の手配は四十九日までに済ませておくと良いでしょう。
今ではインターネット通販で手配される方もいらっしゃいますが、初めての位牌購入されるときには、
①四十九日に間に合うように②制作日・完成・発送到着日の確認をかならず行いましょう。

 

古い位牌から新しい位牌へ~
「閉眼供養」→「開眼供養」→「お焚き上げ」

古くなり傷んでしまった位牌を、新しい位牌にしたい処分したい場合などは、
まず菩提寺に相談していただき、お焚き上げしていただきます。
お焚き上げする前には、古い位牌から魂を抜くために「閉眼供養」を行います。
その後、新しい位牌に魂を移す「開眼供養」をしていただくと、無事に新しい位牌で故人を供養することができます。

 

 

お気軽に問合せ下さい