春の新作仏壇・株式会社イズミ限定販売

 

※↑チラシ画像をクリックすると拡大します。

 

株式会社イズミでは、現在春の新作仏壇が展示されています。

こちらの新作二つは、6月まで全国では株式会社イズミのみで取り扱っている商品となります。

春の新作①
春夏秋冬(しゅんかしゅうとう)
徳島仏壇/みかげ塗り

こちらの商品は、その名が表す通り前扉に季節ごとの春、夏、秋、冬の柄が表現されています。
この美しい春夏秋冬の柄は「みかげ塗り」という卓越した職人にのみ許された特殊技法で作られています。

みかげ塗りの工程

基材に和紙張りを行い、【塗り】→【研磨】の工程を何回も繰り返します。
【下塗り】→【中塗り】→【上塗り】と精度が上がるにつれて色彩も美しく、鏡面のような美しい光沢を放ってきます。
一品一品が手づくりで、なおかつ限られた卓越した職人しか成し得ない一連の作業のため、他に真似できないオリジナリティー溢れる技法であり、希少価値も高い工芸品なのです。

この特殊技法を前扉の春夏秋冬それぞれの柄にふんだんに使用しました。
中央の円は光臨を表現し、開いた時には仏壇内の美しさを十分に発揮しつつ、扉を閉じたときも見る者の目を楽しませてくれる、今までにないオリジナリティーに富んたデザインでありながら、インテリアによくなじむ美しい仏壇です。

 

春の新作②
あだし野(あだしの)
徳島仏壇/屋久杉/みかげ塗り

国際現代家具見本市2010でクラフトマンシップ賞を受賞のデザイナーが手掛けた徳島仏壇「あだし野」。
素材に樹齢1000年の希少な屋久杉(やくすぎ)を使用した贅沢なお仏壇です。

屋久杉は普通の杉とは異なった特徴を持ち、木の中心に近い心材の色が濃く、香りが強いという特徴があります。
樹脂が多く、普通の杉の6倍以上含み、腐りにくく、虫にも強いということが屋久杉の性質です。
成長が遅いため、年輪が詰まった独特の木目や「杢(もく)」と呼ばれる模様を生み出します。緻密なので、圧縮、引っ張り、曲げなどの強度も普通の杉に比べると強い木材です。
お仏壇全体にはっきりとした年輪が表れていて屋久杉の素材の温もりと歴史を感じられる逸品です。

今回の新作は共に唐木仏壇の産地である徳島県で生産された徳島仏壇です。
元来、徳島は家具・鏡台の一大産地として知られ、古くから仏壇の製造技術基盤も確立されていました。
オリジナル性を追求したデザインと伝統的な技法で製造された高い品質は全国から高い評価を得ています。

この機会に、ぜひ実物をご覧いただき新作の手触りを感じていただきたいです。
お気軽にお問合せください。

 

 

お気軽に問合せ下さい